X02HT vs Advanced/W-ZERO3[es]

DSC01867.JPGDSC01868.JPGDSC01869.JPG

両方持っているんだから、色々比較してみたくなるのは人情というものでしょう。というわけで、独善的比較を行ないます。コレ以下に書き綴られることは、全くの主観であり、不快に思う方もいらっしゃるかもしれませんし、反論があるかもしれませんが、平にご容赦を。

まず、客観的に、アドエスの方が、レスポンスがよいですね。XScale 520MHz/128MB に対して、Samsung 2442 400MHz/64MBという構成がダイレクトに効いているのか、とにかく、X02HTの方はややもたっとした感じを持ちました。Windows Mobile 6 Standardなので、UIは素っ気ないので、そこでカバーしている感じですが、同じアプリを動かしたときなどにどうにももっさりした感じが消えません。

画面は、WVGA 800x600 3インチ液晶タッチパネル付き、とQVGA 320x240 2.4インチ液晶ですから、比べるなという話もありますが、アドエスがあらゆる面で優秀です。ただ、X02HTはタッチパネルがない分扱いが気楽です。

キーボードは、X02HTはキートップが小さすぎて、慣れるまでしんどかったですが、なれるとそこそこいけます。常に、キーボードにアクセスできるので、複雑なパスワードによるロックを要求するGood Messaging Serviceとの相性はいいです。アドエスでは数字四桁のパスワードロック以外はつける気になれませんから。

厚さは、ご覧のとおり、X02HTの圧勝ですが、アドエスのキーボード側と同じ厚みですので、そう考えると、まぁ妥当な厚さなのかと言う気もします。ちなみに、両方をシャツの胸ポケットに収納できます。ってことで厚さはそれほど気にならないが正解かもしれません。

3G(W-CDMA)、GSMとワールドワイドに使えるのが魅力のX02HTですが、都市部で生活していると、かなり圏外になることが多いです。やはり2.1GHzという周波数が禍しているのでしょう。また、ソフトバンクの基地局が少ないのではないかという懸念も。実際職場のビル。アドエスはビルの中心部である、エレベータ内まで電波が届いているのに、X02HTの方は、窓が見えなくなるとあっという間にロストです。都市部ではソフトバンク、死角多すぎます。

キャリアとしてのウィルコムと、ソフトバンクの、スマートフォンへのコミット度がかなり違います。ウィルコムは特に、ウィルコムのサイトなどを利用するに当たって、普通の電話端末と、W-ZERO3シリーズ間に大きな差別はないのですが、ソフトバンクははっきりと継子です。メールアドレスの変更や、料金照会、料金プラン変更などをするためのMySoftbankへ、X02HTからはアクセスに制限がかなりきつーくあるのです。そもそもサインアップさえままならない。パスワードは郵送で受け取るしかないなど、もう、これ全然ソフトバンク端末じゃないよね、扱いが。

電池の持ちはどっこいのような気がします。が、X02HTはほぼ常時ネットワークに繋ぎっぱなし状態に近いのに、二日くらいは電池が持ちそうなので、意外と頑張っている感じがします。まぁ、どちらも充電グッズ常時携行しないと微妙に不安ですが。

カスタマイズの自由度は、Windows Mobile 6のエディションの違いが大きく、X02HTはToday画面などにあまりいじる余地がありません。ソフトも、タッチパネルを前提とした、Magic Buttonのようなものは使えないため、そういう点でも選択肢が少ないです。さらに、付属のオフィスも、X02HTの方は、ワード、エクセルとも、編集は出来ても新規の文書作成が出来ないなど、かなりつまらん制約がついています。

電話としての通話品質は、3G vs PHSですので、どちらも十分です。ただ、アドエスはスピーカが安っぽいからか、ちょと音が割れ気味です。まぁ、音量少し下げるとかヘッドセット使うとかすればいいのですが。

おまけで、Good Messaging Serviceは、Windows Mobileなら動くのですが、アドエス上では致命的な問題を持っています。一定時間操作しない場合に、必ずスクリーンロックがかかるのですが、この時、および、起動時に、起動中の通常アプリを殺してくれるのです。通常はこの動作は、プロセスを終了しないWindows CEの欠点をカバーし、メモリを可能な限りあけてくれる望ましい機能なのですが、困ったことに、電話アプリやライトメールアプリも抹殺してくれます。Windows Mobile 6 Classic は、PDAであり電話ではないので、電話機能の存在など気にしてくれないのです。というわけで、アドエス二個持ちで、Good Messaging Serviceという手は使えなかったのでした。(同じの二つ持っていても面白くないから出来ても、X02HTを買ったような気がしますが。会社持ちですし。)

こうして比べてみると、一口にスマートフォンといっても、かなりチガウ色合いを持った製品であることがわかります。ソフトバンクはもう少し、継子扱いをしないでくれればいいのになぁ、とは思いますが、いずれにせよ、選択肢が色々あるというのは消費者には嬉しいことだと思います。