Windows 10 1903以降で、Windows Terminalという、タブ型の端末エミュレータが利用できるようになっています。

まで、プレビュー版のためあれこれ足りないのですが、設定が、直接JSON形式のファイルをいじる形なのも、そういった不足の一つです。

Windows Terminalは初回起動時に、インストールされているシェル--現時点では、cmd.exe, PowerShell, PowerShell Core,そして WSLの各パッケージ--を自動的に起動候補にしてくれますが、たまに PowerShellとcmd.exeのみしか追加されていないことがあります。

そんなときは、手で、JSON形式の設定を修正して必要なシェルを追加してもいいのですが、設定ファイルを削除して、Windows Terminalを再起動することで、強制的に再生成させて、シェルの登録をやり直させることもできます。

<User Home>\AppData\Local\Packages\Microsodt.WindowsTerminal_8wekyb3d8bbwe\RoamingState\profiles.json

が設定ファイルですので、これを削除、あるいは別の場所に移動したり、名前を変えてやれば、次回起動時に自動生成されます。

うまくいけば、右上のスクショのようにシェルが登録され、利用可能になります。ご参考まで。

Windowsサンドボックス

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Windows 10 1903から追加された機能で、ProまたはEnterpriseなら利用できるという、サンドボックスを折角だからと、GPD Micro PCにセットアップしてみたよ!

Windowsの機能の有効化無効化で、「Windowsサンドボックス」を有効にして再起動してやれば、メニューに「Windows Sandbox」が現れるので、それを起動してやるだけ。

ちなみに、起動には管理者権限が必要。

起動すると、サンドボックスのスプラッシュが表示され、やや気長に待っていると、素のWindowsが起動します。あれこれセットアップして使えるようにしてやろうとしても無駄です。再起動とか電源断とかが生じると、サンドボックスは失われます。ここで萎える人は、別途仮想環境を用意してライセンスを買った方がいいでしょう。

起動されるのは、どうやらEnterprise版のようです。GPD Micro PCはProですから、起動するOSには関係ないようです。

バージョンは1903ですが、今後更新されるのかどうかは不明です。

全体に動作はもっさりしていますが、N4100なGPD Micro PCのせいかもしれません。

再起動ができないので、再起動しないとインストールできないようなものは試せないし、あえて危なそうなものを試す機会がどのくらいあるかはわかりませんが、そういう場面があったら、役には立ちそうです。

PQiの指紋センサー

以前、3Rというところの指紋センサーを買ってGPD Micro PCにつけた記事を書きましたが、あれ、壊れちゃいました_ノ乙(、ン、)_

いえ、1mほどの高さから、左側を下にして、Micro PCを落としちゃったんです。そしたら、指紋センサーが出っ張っているわけで、そこから激突しますわな。

で、本体とセンサーの間、2mmくらいの隙間があったんですが、それが落下の衝撃で0になってまして......。

いえ、USBポート無事だったんですよ。つまりはセンサー本体にUSB端子がめり込むように、壊れたみたいなんですね。指紋センサーが認識されなくなってしまいました。

落とす私が悪いのですが、本体と隙間が空くのはデザイン的にも気になっていて、隙間があかないデザインのもの(但しやや高い)に変えることにしました。

あまり出っ張らず、隙間があかず、そして何よっり、あまり高くないものをと選んだのがPQiという会社の製品。隙間ないし、あんまり出っ張らないし、そして何より3,490円とそれほど高くない!

さっそく設定(3Rで登録した指紋は消えているので、登録しなおし)をして、使える状態に。

認識精度はこちらの方が3Rより良い感じです。3Rはよく認識失敗しましたが、こちらは今のところパーフェクト。登録時も、3Rより少ないタッチで済みました。

最初から、コッチにしておくべきでした。

充実の一途をたどる、ヒャッキンケーブルですが、遂に USB Type C - USB Type Cの登場です。

丁度、USB PD対応のシガーソケットアダプターを、密林のタイムセールにのせられて買っちゃったので、C-Cのケーブルが欲しかったのです。

ダイソーです。勿論100円(税別)です。

さて、USB Type Cケーブルの規格については、様々ですが、Type C - Type Cのケーブルのスペックに「2.4A」なんてなかったように思いますが、パッケージには堂々「100cm 2.4A」の記載があります。USB PDであれば、充電器と機器との間でのネゴ次第では3Aという出力もあり得ます。購入したアダプターは、出力としてDC 5V 3A, 9V 2A, 12V 1.5Aと書かれていますから、5V 3Aを選択しうるということです。あとは機器次第ですが、本当にこのケーブルが2.4Aなら、安全に使えるケーブルではないということになります。

恒例の、USB Cable Checkerによるチェックをしましょう。

......結線はUSB 2.0になりますね。そして、電流を制限するPull Up抵抗は入っていません。つまりは、電流は充電器と機器との間でのネゴ次第。ということになります。

Pixel3は 18Wとしか書いてないので、もしかすると5V 3Aを選択するケースがあるかもデス。GPD Micro PCは12V 2Aと書かれているので、大丈夫そうです。Surface Goは15V 1.5Aと書かれているのでこれも大丈夫そうです。

とりあえず、車に積んでおきますが、Pixel3の充電はちょっとドキドキですね......。

おはらひさん

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

夏の大祓で、鶴岡八幡宮に初穂料をお納めすると、「おはらひさん」を頂けます。

正月飾りじゃないんですよ?

初穂料は、夏-冬セットになっているので、大晦日に、こちらをお返しして、冬バージョンのおはらひさんを頂いてくることになっています。

TrancendのSSDはやや温度が高くなりがち?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

気のせいかも知れないのですが、TrancendのSSDは、やや温度が高くなりがちな気がします。

スリープから復帰した直後は40℃程度なんですが、しばらく使っていると、60~68℃くらいになりがち。

赤い表示にややドキッとします。

寿命などに悪影響がないといいのですが。なお、GPD Micro PC自体が特に熱くなっている感じはありませんし、ファンがやけにブン回るというようなこともないので、状態をチェックしなければ、気づかない程度のことですけれども。

SSDの換装を考えてらっしゃる方にはご参考まで。なお、他社製の512GBなら温度が低いかどうかはわかりません。

オブジェクトエクスプローラもあったわ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Microsoft Visual Studio CodeのPowerShellモードにはオブジェクトエクスプローラがないよ~、みたいなことを書いたのですが、よく見たらありましたわ。

なので、ISEを使う必然性は俄然低くなりました。

Visual Studio Codeなら、Linuxなどでも動くので、非WIndows環境で、PowerShell Coreを使った開発をする際には、中々に強力なツールになりそうです。

尤も、非WIndows環境であえてPowerShell Coreを使うケースがどのくらいあるのかが分かりませんけれども。

Microsoft Visual Studio Code (テキストエディタ)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

GPD Micro PCにテキストエディタを導入しようと、あれこれ、物色したのですが、MeryやNotepad++には飽きてきていたので、ストアアプリに何か丁度いいのがないものかと、あれこれ見ていたのですが、どれも説明から求めている機能があるかどうかわからなかったので、決められずにいました。

基本的にはタブエディタで、ファイルタイプによって適切なハイライティングや、入力支援があると嬉しい、といったところ。

で、結局、ストアアプリではなく、Visual Studio Codeを選びました。

日本語パックをインストールすれば、日本語化もできますし、ファイルタイプ別にプラグインが用意されていて、ハイライティングや、入力支援、デバッグ支援などが利用できます。画面は、PowerShellのものです。ICE同様にデバッグ支援も得られますが、.NETオブジェクトブラウザはないようです。PowerShellならICEを使えばいいでしょうけれど、こんな感じでなかなか便利に使えます。


アカウントを作り直した

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

GPD Micro PCを初期設定したときに、Microsoft アカウントを使ったので、ローカルのディレクトリ名(C:\Usersの下のディレクトリ名)がけったいなものになってしまいました。

まあ、別に、そんな名前は、あまり露出しないので、それでもいいのですが、気になりだすと、気になって仕方ないので、直すことに。

直し方としては、ローカルのアカウントを、ディレクトリ名にしたい名前で作り直したうえで、そこにMicrosoftアカウントを紐づけなおす方法と、レジストリをいじって、既存のアカウントの使うディレクトリ名を強制的に変更する方法の二つがありますが、前者は、ユーザに紐づいたアプリや、その設定が失われるというデメリットが、後者は、想定外のおかしな動作が起こりうるというデメリットが、それぞれあります。

まだ、そんなにあれこれ設定していないので、今ならまだ、作り直しでいいんじゃないかと、前者を選択。ディレクトリ名の変更が無事に終了しました。

想定外だったのは、WSL版Ubuntuが個人に紐づいていたこと。ストアアプリって基本、個人に紐づくんですかね。なので、Ubuntuの設定が一からやり直しになってしまったのは想定外でした。

あとは、タスクバーの検索窓をアイコンにするとか、スタートアップに登録しておいたkeyhac を、新しいアカウントのスタートアップに入れなおすとか、細かい作業はありましたが、比較的すんなり元に戻りました。

当たり前なのですが、Windows Halloに登録した指紋は、前のアカウントから削除してからでないと、新しいアカウントには紐づけられませんでした。

最初に、マイクロソフトアカウントを紐づけないで任意の名前でローカルアカウント作ってやれば二度手間にならずに済んだのですけれどね。次からは気を付けよう。

Trascend 2242 512GBに換装したった

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

128GBのディスクスペースもとりあえず不足してはいないのですが、大きい方が、気にせずあれこれできるし、SSDの場合は空きが大きい方が、セルのローテーションなどで寿命の延長にもつながりそうだから、とりあえず大きくしておくことにしました。

ええ、もちろん、GPD MicroPCのことです。

MicroPCは、M.2 SATA 2242のSSDを搭載していますので、同じサイズ、規格であれば、交換可能です。

日本製の、分解するだけでも一苦労なPCとは異なり、裏蓋のねじ五本を外したら、あとは、裏蓋を止めている爪を外してやれば、裏蓋が外れて、SSDへとアクセスできます。シールやゴム足に隠されている姑息なネジや、トルクスなども使用さあれていません。

M.2 SSDとしては、2280が主流なようで、サイズやバリエーションは、2280が豊富ですが、2242も探せば、そこそこあります。

とりあえず、お手頃なお値段だった、トラセンドの512GBを購入しました。

GPDは新規インストール用のイメージファイルを公開していますので、それをダウンロードして、換装したSSDにインストールしてもいいのですが、あれこれ設定した後ですし、1809→1903へのアップグレードは4時間超もの時間を要したので、Acronis True Imageを使ってクローンしてしまうことにします。


クローンが終わったら、分解して換装を行います。

余談ですけど、スピーカがステレオかモノラル化で物議をかもしていましたが、モノラルですね。サイズ的にもそうですし、大体、裏蓋と本体との接点は二端子ですから、その点でもモノラルですね。

さて、SSDは黒い+ネジ一本で固定されていますので、簡単に換装完了です。

サイズは無事に475GBに増えています。

もちろん、元通りの状態で起動しますよ。あとは、何をインストールしようかなあ。